カジュアルな着物とは

  • ホーム
  • 出張着付け
  • 着付けレッスン
  • ご感想
  • ブログ
  • お問い合わせ

カジュアルな着物

小紋(こもん)

小紋は繰り返し模様の型染めの着物です。洋服でいえば、プリント柄のワンピースのようなもので、フォーマルすぎずくだけすぎず、ちょっとお洒落をしたいときにとても便利な着物です。紅型、更紗、絞り染め、ローケツ染めなど様々な技法でそめられたものがあります。 

御召(おめし)

御召は染めた糸に強いよりをかけて織り上げるため、織りあがった生地には細かいしぼがあります。

紬(つむぎ)

織りの着物の代表格で、全国各地で生産されています。代表的な紬として、日本三大紬と称される、大島・結城・塩沢があります。生産地によって風合いが異なり、一反を織り上げるために、気の遠くなるような手作業が繰り返されます。日常着からおしゃれ着まで、素朴な色柄が魅力の着物です。

木綿(もめん)

素朴な縞や絣柄に織られた日常着。手軽な機械織りから高価な手織り、作家ものまであります。手入れが楽で、普段着におすすめです。

ウール

その昔、ウール織り機から着くられたウールの着物は爆発的に普及しました。
その後衰退しましたが、軽くて手入れがしやすく、動きやすいウールは、再び人気を集めています。

化繊(かせん)

化繊の着物は比較的お手ごろに着物をたのしめるので、初心者にもおすすめです。また自宅の洗濯機でも洗うことができるので、雨の日や旅行など一枚持っていると重宝します。色柄豊富で、最近では天然素材と変わらない印象のもの増えてきました。

浴衣

浴衣はカジュアルな夏の遊び着としてかかせないものです。もともとは湯上りなどに着るくつろぎ着だった浴衣。装いによっては街着としても着られるようになりました。