着物を着る機会について1

  • ホーム
  • 出張着付け
  • 着付けレッスン
  • ご感想
  • ブログ
  • お問い合わせ

着物を着る機会1

着物を着られるようになっても一体どこに何を着ていけばいいか悩みますよね。
人生のイベントから日頃の楽しみの場まで簡単にまとめてみました。

お稽古風景

【人生のイベント編】
日本では昔から人生の節目に着物を着ることで、その成長を感謝し、祝い、大切な人へ温かい心を伝えてきました。

お宮参り

人生の節目のイベントで最初にくるのがお宮参り(初宮まいり)です。これは子供が生まれて初めて産土神にお参りする行事で、おめでたい柄の祝い着を着せ母親や付添人もそれに準じた礼装をします。

七五三

男の子は5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に神社仏閣にお参りする年中行事。3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)の祝い」、5歳は始めて袴を付ける「袴着の祝い」、7歳はそれまでのひも付きの簡易な着物に代わって、大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)の祝い」とし、江戸中期の武家社会の名残が残っています。

十三参り

数え十三歳の春に、知恵と福徳を授かるためにお参りする行事で、別名知恵参り、または、知恵もらいとも言われます。始めて本裁ちの晴れ着を肩上げして装います。もともと関西では七五三よりもこちらの方が盛んでしたが、近年関東でも参拝する方が増えてきました。

成人式

毎年1月の第2月曜日に行われる新成人を祝う式典で、一般的に女性は振袖、男性は紋付袴やスーツを装います。 現在では華やかな変化結びやアレンジが毎年雑誌などに紹介されています。 晴れて成人式を迎える女の子にとっては一生に一度の大切なイベントです。

卒業式

「はいからさん」や宝塚歌劇団を思わせる袴姿が卒業式の定番スタイルとして定着しています。最近は刺繍入りやグラデーションの袴も多く、衿元のアレンジなど個性的におしゃれを楽しむ傾向にあります。

結納

結納は日本独自の風習で、一般的には新郎家から新婦家へ結納の品を納め、両家が結びつくことを祝う儀式です。現在では以前のように形式的なものではなく顔合わせや結婚式に向けた打ち合わせを兼ねた和やかな雰囲気で行われます。 結納を交わすことによって恋人から婚約者となりお互いが責任を意識する素晴らしいしきたりです。花嫁は華麗な訪問着か振袖などの礼装で臨むのが一般的。

結婚式

ウェディングドレスも素敵ですが、近頃和装による結婚式に注目が集まっています。挙式の際に装う白無垢は心身に汚れのない純白を表し、嫁いでその家の色に染まるとされていました。そして披露宴では婚家の色に染まったしるしにお色直しをすると言われています。色打ち掛けから振り袖へ、振り袖から黒地の着物へと何度もお色直しをするのが古くからの習わしです。

その他・・・
  • お見合い
  • 初詣
  • 結婚式の二次会 など

出張着付けのメニューはこちら