お正月や初詣に着たい着物

  • ホーム
  • 出張着付け
  • 着付けレッスン
  • ご感想
  • ブログ
  • お問い合わせ

お正月に着たい着物

明けましておめでとうございます
着物で迎えるお正月は背筋が伸びて、より一層思い出に残りそうですね。
もしご実家に眠っている着物があったら、この機会に袖を通してみませんか。

 

ここでは、お正月に着たい着物や初詣の着物の選び方についてまとめてみました。

 

 

お正月の着物

 

お正月に着る着物は訪問着?それとも小紋がいいの?と
いろいろと迷うかもしれませんね。

 

実はお正月は必ずこの着物を着なければいけない、という決まりはありません。

 

着物の種類を迷った時に考えるポイントは2つだけ。

 

1 どこで過ごすのか
2 誰と会うのか

 

着物というと難しく感じますが、つまり洋服と同じようにTPOを考えて選ぶと簡単です。

 

たとえば、ご自宅で家族や親戚と寛ぐお正月。
ご家族はセーターといったカジュアルな装いでしたら、着物も同じようにおしゃれ着の小紋や紬でOKです。

 

もしご家族の皆様がフォーマルな洋装で、ホテルや高級レストランにお食事に行かれる場合などは、付け下げや訪問着、未婚の方でしたら振袖を着ても華やかですね。

 

色柄も特に決まりはありませんが、
新春ということで明るく華やかな色を選ぶとよりお正月らしい雰囲気になります。
松竹梅や宝尽くし文様、干支などおめでたい柄の着物があればなお素敵です。

 

お正月着物
(小紋に名古屋帯の装い)

 

初詣の着物

 

初詣の着物も同様に一緒にお出かけされる方の装いとのバランスを見て考えるといいでしょう。
家族や友達がセーターにパンツという装いなのに、自分は訪問着でかっちり正装、というのもちぐはぐな印象です。

 

また有名な神社仏閣はどこも大混雑になってしまうので、おしゃれ着の小紋や紬、洗える着物でも安心かもしれません。

 

もし初詣の後に、年始のご挨拶に伺う予定があったり、年始のパーティがある場合などは華やかな訪問着や付け下げをお召しになってもいいと思います。

 

初詣着物
(訪問着に袋帯の装い)

 

初詣は長蛇の列に並んだり、外で過ごす時間が思いのほか長いので、
防寒対策もしっかりされることをお勧めします。

 

私は足元はタビックスと足袋の二枚履き、足元はレギンス、インナーはヒートテックの重ね着をして完全防寒をしています。
下記のブログにて防寒対策については詳しく解説しています。もしよろしければご覧ください。

 

【まめ知識】着物でもしっかり防寒対策を♪

 

着物で素敵なお正月をお迎えできますように、お祈りしております!